FC2ブログ
 
■検索フォーム

■プロフィール

京都市中京青少年活動センター

Author:京都市中京青少年活動センター
なかせいブログへようこそ!

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■ブログパーツ

■「四条烏丸」からの道案内
  →大きな道案内は こちら
□「烏丸御池」からは こちら


■リンク
■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Q地球にはどうして空気があるんですか?
質問番号:129
地球にはどうして空気があるんですか?

回答者:ごえもん
地球には空気があります。しかし、空気のようなものは、地球だけでなく、火星や金星、木星や土星にもあります。このように、星のまわりにあるガスのことを「大気」といいます。大気は地球だけではなく、あるていど大きな星にはたいていあるものです。

ただし、人間が呼吸できる大気は、地球にある空気だけなのです。
地球の空気は、いくつかのガスがまざってできています。それらのガスのうち、窒素と酸素がほとんどで、この2つだけで99%になってしまいます。ほかにもいくつかのガスがふくまれてはいますが、いずれもごく少量ですから、空気は窒素と酸素でできているとおぼえておけばよいでしょう。

この2つのガスのうち、酸素はもともと地球の空気中にはなく、あとから作られたものです。この酸素を作ったのは、植物です。

地球ができて、そこに生命が誕生し、その中から、太陽の光を受けて、二酸化炭素を酸素に変える生き物が生まれました。それが植物なのです。

地球の空気は、地球の生物がどんどん変えていったものです。ですから、地球以外の星には、地球と同じ空気はないのです。


何でも相談・何でも質問BOX | 11:36:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。