FC2ブログ
 
■検索フォーム

■プロフィール

京都市中京青少年活動センター

Author:京都市中京青少年活動センター
なかせいブログへようこそ!

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■ブログパーツ

■「四条烏丸」からの道案内
  →大きな道案内は こちら
□「烏丸御池」からは こちら


■リンク
■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
BRICSの特徴を教えて
質問(No10009)
近年急成長を見せているBRICS。バラエティ番組で「インドはIT産業がスゴイ!」というのを知ったんですが,残り3カ国(ブラジル・ロシア・中国)がなんで伸びているのか気になりました。それぞれうりにしている産業があるのでしょうか。特にブラジルは興味があります。よろしくお願いします。

※「寝よう!」ときめて5分で眠りにつくコツも教えていただければ幸いです。

回答

BRICSとは,経済発展が著しいブラジル (Brazil),ロシア (Russia),インド (India),中国 (China) の頭文字を合わせた4ヶ国の総称ですね。確かに,これらの国々の発展は目覚しいものがあります。連日TVで賑わいを見せる「上海万博」も中国の発展そのものです。中国は世界第2位の経済大国ですね。
さて,“Wikipedia”よると,「これらの国々のGDPや貿易額が世界に占める割合は近年急速に高まっており,世界経済に多大な影響を与えるまでになっている。広大な土地・豊富な人材・豊富な資源を有するのに加え,ここ数年あるいは数十年で様々な改革を進めてきた事により,結果として潜在力を実際の成長率に反映させる事が可能になった。その結果,2008年5月時点でG6(米国,日本,ドイツ,イギリス,フランス,イタリア)の15%に過ぎない経済規模は,2025年には約半分の大きさに,2040年頃には先進国を上回り,2050年の時点ではBRICsがG6の1.5倍の規模になるとみられている。4カ国が注目される理由として,特に「規模の大きさ」(国土や人口の大きさ),「世界経済に占める購買力大きさ」,「これまでの成長実績と今後の成長見込まれること」3つの点が挙げられる」とのことです。ロシアは天然ガスが豊富なことですね。そして,ブラジルは輸出の拡大が顕著です。この根幹を支えるものは,南米大陸の約半分を占める広大な大地からの恵みであり,鉱物資源や農畜産物,熱帯雨林に生息する多種多様な生物資源などが挙げられます。ほかに,中国は建設ラッシュにともなって,鉄鉱石の輸入の約30%をブラジルへ依存していますし,世界2位の鉄鉱石輸入国である日本もその20%以上をブラジルに依存するなど,ブラジルは世界的な鉄鉱石輸出国となっています。このほかにもいろいろ要因はあるようです。しかし,よいことばかりではなく,今後の課題としては,「財政赤字とインフレ」のようです。「財政赤字」という点では日本も同じですね。家計でいえば,給与より多い支出をローンでまかなっているわけですから。経済を活性化させ,収入を上げることが求められていますが…。

さて,「眠りにつくコツ」ですが,睡眠には太陽光と各人の体内時計が密接に関係しているそうです。厚生労働省「健康づくりのための睡眠指針検討会報告書」の健康づくりのための睡眠指針?快適な睡眠のための7箇条?によると,
1. 快適な睡眠でいきいき健康生活
    快適な睡眠で,疲労回復・ストレス解消・事故防止
    睡眠に問題があると高血圧,心臓病,脳卒中など生活習慣病のリスクが上昇
    定期的な運動習慣や,「朝食は心と体のめざめに重要,夜食はごく軽く」など快適な睡眠をもたらす生活習慣をつける
2. 睡眠は人それぞれ,日中元気ハツラツが快適な睡眠のバロメーター
    自分にあった睡眠時間があり,8時間にこだわらない
    寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る
    年齢を重ねると睡眠時間は短くなるのが普通
3. 快適な睡眠は自ら創り出す
    夕食後のカフェイン摂取は寝付きを悪くする
    「睡眠薬代わりの寝酒」は睡眠の質を悪くする
    不快な音や光を防ぐ環境づくり,自分にあった寝具の工夫
4. 眠る前に自分なりのリラックス法,眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる
    軽い読書,音楽,香り,ストレッチなどでリラックス
    自然に眠たくなってから寝床に就く,眠ろうと意気込むとかえって逆効果
    ぬるめの入浴が寝つきをよくする
5. 目が覚めたら日光を取り入れて,体内時計をスイッチオン
    同じ時刻に毎日起床,早起きが早寝に通じる
    休日に遅くまで寝床で過ごすと,翌日の朝がつらくなる
6. 午後の眠気をやりすごす
    短い昼寝でリフレッシュ,昼寝をするなら午後3時前の20?30分
    夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響
    長い昼寝はかえってぼんやりのもと
7. 睡眠障害は専門家に相談
    睡眠障害は「体や心の病気」のサイン
    寝つけない,熟睡感がない,充分眠っても日中の眠気が強い時は要注意
    睡眠中の激しいいびき,足のむずむず感,歯ぎしりも要注意

としています。睡眠中は体や脳が休息をとるだけでなく,体に大切なことが数多く起こります。
「寝る子は育つ」の言葉通り,成長ホルモンは睡眠中に出,昼間できた傷が修復され,肌がきれいに保たれます。免疫力が高まり,細菌が退治されます。よく眠ることは健康や美容の基本です。どうか前述した7カ条をお試しください。この中で,回答者に当てはまらないのは唯一「寝酒」だけです。エヘ!(*^_^*)


スポンサーサイト
政治・経済 | 13:15:49
先日のポーランド機の墜落事故は・・・。
質問(No10004)
先日ポーランドの大統領機がロシアのスモレンスクで墜落しましたよね?どうもあれに関して自分は裏で誰かが糸を引いているような気がしてなりません。しかも、カチンの森事件の式に向かう途中のカチンスキー大統領って、誰かがしくんだとしか思えません。
あなたの個人的な意見でいいので、この事件に関しての意見・感想を教えてください。

回答
社会的な内容の質問ですねー。その事件のニュースは私も見ました。
質問者さんは、事の真相が気になっているようですね。気になったポイントは、やはり「カチンの森事件の追悼式典」に向かう途中というタイミングだったのでしょうか。
私もニュースを見たとはいえ、詳しくは知らなかったのでちょっと調べてみました。カチンスキー大統領は、ちょうど70年前に起きた旧ソ連軍によるポーランド兵大量虐殺事件「カチンの森事件」の追悼式典に向かう途中で搭乗中の飛行機が墜落したようですね。

自分としては、どうなんだろうと思います。
タイミングがタイミングなので、質問者さんの言うことについて「そんなことがあるかも」と思えるし、そうやったら大変なことやなぁと思います。けれど、これだけの情報だと「おかしい!」とも言い切れないような気がする…というのも正直な感想です。どっちつかずですが、それでも事の真相はやはり気になりますね!

それと、GC個人的には、そのあとの大統領選とか、その後の動きも気になります。
ポーランドとロシアとの関係もどうなるんでしょうね。

(回答者:GC)


政治・経済 | 18:27:55
「平等」って何ですか?
質問: 

「平等」って一体何ですか?具体的に教えてください。
(no.9313)


回答:

文字通り,「平らに等しい」状態にあることを指すのだと思います。
とにかく百科事典で調べてみました。

・仏教用語で、物事のあり方が真理の立場から見ればすべて同一であること。平等院(京都府宇治市)の由来になっている。
・平淡でなだらかであること。
・均等な配分。
・法の下の平等という用語で、日本では、日本国憲法第14条第1項に定められている社会関係上の概念。差別からの自由。平等権。
・政治思想としての平等主義。

回答者がまず「平等」と聞いて思い出すのは,「男女平等参画」とか,「自由」「無差別」「選挙」などがありますが,質問者さんはどんなイメージがあるのでしょう?
今の世の中,「平等」な社会になっているようで,まだまだなところも多々あるように感じます。
質問者さんが,このような質問をされた経緯が気になります。
何か平等でないことが起こっていて,質問されたのでしょうね。
仕事のことですか?友人とのこと?よかったらまた聞かせてください。

当センターでは,
気軽にお茶でもしながらいろんな人と話せる「よるッチャ」(毎火曜18:00?ロビーにて)や,
働く人たち同士であれこれ話し合う「はなカフェ」(毎月第3木曜19:00?ロビーにて)を定期的に開催しています。このような場で,みんなと意見を交わすのもいいかもしれませんね。
また,10月から3回シリーズで,就活や結婚など,テーマを変えて現代社会における「貧困」を
考えるセミナーを開く予定です。このような場で改めて考えてみるというのはいかがでしょう?
9月24日(木)から受付開始です。よかったらどうぞ?!


(回答者:RR)


政治・経済 | 16:28:26
今日の100円と明日の120円では?

・質問

今日100円もらうのと明日120円もらうのとではどちらがいいと思いますか?


・回答

なんでも質問BOXへようこそ。
これは,時間とお金という人間の永遠の課題をわかりやすく表してくれた問いですね?。
もちろん状況によるのですが,せっぱつまっていない人ならば,20円という余剰分に目がいくでしょう。例えば,100円では買えないものが,明日になったら買える!とすれば,明日まで待つ価値は十分あると思います。
しかし,どうしても今必要!というような,時間がお金に勝つ時があるでしょう。そのときは,迷わず今の100円を取りましょう。
さて,今のあなたは,時間とお金のどちらがより重要ですか?
100円だからと言わずに,例えば,今日の千円と1週間後の1万円など,自分の現実の状況で設定してみると,よりリアルに感じられて面白いかもしれませんね。


また,さる集団を主人公にした諺に「朝三暮四」というのがあります。朝食前の集会でそれまでの(朝4つ・日暮れ3つ)の食事分配を(朝3つ・日暮れ4つ)の変更案を出したところ,さる達は全員反対したという。目先のことにこだわる浅知恵の諺だそうです。




政治・経済 | 21:23:38

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。